仮想通貨で夢の配当生活? CROSS exchange(クロスエクスチェンジ)の仕組みを徹底解説

仮想通貨で夢の配当生活? CROSS exchange(クロスエクスチェンジ)の仕組みを徹底解説

2018年にはかなり低迷した仮想通貨ですが、ある程度の水準までは回復してきました。とはいえ、ブームの真っ盛りにまだまだ含み損を抱えている、という方も少なくはないですよね?

現在の相場でも、仮想通貨FXであれば成功すれば一攫千金も夢ではないですが、一方で失敗すると、とてつもないリスクを負います。

しかし、最近急激に注目を浴びている「クロスエクスチェンジ」は仮想通貨を預けているだけで高配当が受け取れる仕組みを取っています。

本当に安全なのか、利益は出るのか、徹底考察していきます。

クロスエクスチェンジとは?仮想通貨の取引所

まず、そもそも注目を空いているクロスエクスチェンジについて、概要や注目を浴びている理由を解説します。

クロスエクスチェンジは、2018年末に開設された、仮想通貨取引所です。本拠地はアゼルバイジャン。仮想通貨分野でも、それ以外の分野でもあまりなじみのないという方も多いのではないでしょうか?

実は、クロスエクスチェンジはアゼルバイジャンにおいて初となる、政府公認の仮想通貨取引所です。ただし、実際の登録ユーザーはブラジルや日本、ベトナムからのアクセスが多いようで、アゼルバイジャンの現地での取引が活発というわけではありません。

クロスエクスチェンジで得られる配当

クロスエクスチェンジの配当の仕組みについて、どの程度配当を得られるのかや、その仕組みについて解説していきます。

高配当が得られる仕組みは?独自のXEXトークンが鍵!

まず、前提としてクロスエクスチェンジは仮想通貨取引所なので、売買を行った際、取引手数料が0.1%発生します。

ただし、この手数料相当分がクロスエクスチェンジ独自のトークンである「XEXトークン」として還元されることによって、取引手数料が「実質無料」となっていることが一つの強みです。

取引所が独自トークンを発行していること自体は決して珍しいことではありませんが、独自の仕組みを採用することにより、その価値を維持していることが特徴的です。

XEXはロックアップボーナスにより価格変動が抑えられる

このXEXトークンはあくまでクロスエクスチェンジ独自のトークンであり、その時価総額も決して大きくはありません。ユーザーが受け取ったXEXを市場で換金しようとすれば、たちまちその価値は暴落してしまいます。

しかし、XEXは受け取った後、売却せずにロックアップ(動かせずに取引所に保有)しておくことで、さらに保有しているXEXを増やす仕組みが取られています。

ロックアップの期間が長ければ長いほど受け取れる配当比率があがりますが、この配当が高いため、多くのユーザーがロックアップを繰り返すことで価格の急激な騰落が抑えられています。

自動で配当が得られる仕組み「取引マイニング」

XEXのロックアップに加えて、「取引マイニング」という機能を使うことによっても配当を得ることができます。

取引マイニングは、クロスエクスチェンジ内で扱っている特定のペア同士の通貨を自動売買させることで、ボーナスとしてXEXトークンを受け取り続ける手続きのことです。

増え続けるのはXEXトークンですが、実際に手元に戻ってくる際には選択した仮想通貨に交換された状態で戻ってくるため、これが「配当」のような形で増やすことが出来ます。

この配当比率とでもいうべき、XEXトークンを受け取れる割合ですが、XEXトークン自体と同様に、選択した通貨をロックアップする期間によって変わってきます。ロックアップは1回の手続きでは最長90日です。

どのくらいの配当を得ることが可能?

取引マイニングは、クロスエクスチェンジが得た取引手数料の内の80%がユーザーに還元される仕組みです。取引量によっても変動しますが、平均して月10%程度の配当が受け取れているようです。

また、XEXのロックアップボーナスは、ロックアップの期間により以下のようになっています。


入金に対してもらえるXEXのトークン量ロックアップによる配当
ロックアップなし100%20%
30日間118%40%
60日間128%60%
90日間140%80%

ロックアップ期間を設けなくても20%の配当が貰える上、90日間のロックアップ期間を終えると、元々のお金の120%のボーナス相当分が受け取れるということですね。

90日間のロックアップを終了すれば、元本と同額相当のトークンを受け取れるということですね。

クロスエクスチェンジで高配当を目指すリスクは?

合理的な仕組みで、非常に魅力的な配当を出すクロスエクスチェンジの仕組みですが、リスクがまったくないわけではありません。以下のような事態も最悪のケースとして想定しながら、あくまで損失が出ても構わない範囲でスタートするのがおすすめです。

ロックアップ期間に通貨価格が暴落する

自動取引マイニングにせよ、配当を得る代わりに通貨をロックアップしている期間は最長で90日。まだまだ安定しない仮想通貨の相場においては、この間に法定通貨との交換レートで資産価値が変動する可能性もあり得ます。

ただ個人的な見解としては、通貨発行企業の考えやXEXのロックアップ比率の高さなどから、XEXは暴騰や暴落などの値動きが「起こりにくい」ように調整されている通貨ではあるように思います。

とはいえ仮想通貨全体が暴落すればその影響を受けない保証はありません。保有量が増えていても実際の評価額ベースで言うとロックアップされている期間に、売るに売れず目減りしてしまうというケースも想定されます。

【まとめ】まずは実際に少額、短期間で配当を受け取るところから始めよう!

アゼルバイジャン発の政府公認取引所となった、クロスエクスチェンジ。新興の取引所でありながら、取引が活発になればなるほど取引所もユーザーも儲かる仕組みをとることにより、急激にその存在感を増してきています。

仮想通貨での「配当」収入に興味があれば、ぜひ不安でない範囲(金額、ロックアップ期間)から取引を始めてみてはいかがでしょうか?

クロスエクスチェンジの登録はこちらから

クロスエクスチェンジカテゴリの最新記事