CROSS exchange(クロスエクスチェンジ)の入金方法と出金方法を画像付きで解説

CROSS exchange(クロスエクスチェンジ)の入金方法と出金方法を画像付きで解説

最近、急回復を見せたり、また低迷したりと、盛り上がりを見せている仮想通貨業界。中でも特に注目を浴びているトピックの一つとして、高配当が出る仮想通貨取引所、CROSS exchange(クロスエクスチェンジ)が挙げられます。

クロスエクスチェンジは「第二のドバイ」ともいわれるフィンテック新興国アゼルバイジャンにある取引所ですが、日本人向けのユーザーも比較的多く、日本語にも対応した仮想通貨取引所です。海外取引所を使いたいかたの懸念の1つとなる言語の壁がクリアされているのは嬉しいですね。

ただし、日本語には対応していても、やはり海外の取引所なので日本とまったく同じ形で運用ができるわけではありません。この記事では最初戸惑う方もいらっしゃるかもしれないクロスエクスチェンジでの入金や出金の方法について画像付きで解説します。

クロスエクスチェンジへの入金

まず、クロスエクスチェンジの入金方法について解説していきます。入金については基本的に特段注意すべきポイントはありませんが、リップル(XRP)が取り扱い対象であるため、この点については少し詳しい解説を加えます。

クロスエクスチェンジへの入金方法

クロスエクスチェンジへの他のウォレットからの入金は「アカウント」からウォレット残高のタブをクリックし、「入金」を選択します。

スクリーンショット が含まれている画像

自動的に生成された説明

出てくるアドレスを入力、もしくはQRコードをスキャンし、送信先のウォレットから送金します。最低購入額は0.001BTCで、これに満たない送金は無効となってしまいますのでご注意ください。

無事送金が成功すると、登録先のメールアドレスにも通知が来ます。

ripple(XRP)を入金する場合は特に注意!

なお、クロスエクスチェンジの取り扱い通貨の中には、人気の高いリップル(XRP)があります。リップルを送金する場合、ウォレットアドレスだけでなく宛先タグを記入することも忘れないようにしましょう。最悪のケースでは宛先不明で永久に取り戻せなくなってしまうケースがあります。

スクリーンショット が含まれている画像

自動的に生成された説明

クロスエクスチェンジで通貨を購入する場合はクレジットカードのみ

日本の仮想通貨取引所であれば、日本円を入金して、そのお金で仮想通貨を購入するといったことが可能ですが、クロスエクスチェンジでは仮想通貨の購入はクレジットカード(およびデビットカード)のみ。ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リップルなど主要通貨が購入可能です。

なお、海外サイトでの利用を制限しているカードの場合は「海外のシンプレックスというサービスでコインを購入する」ことをカード会社に承認を得る必要があるようです。

なお、この日のビットフライヤーでの1BTCの価格は1,105,000円程度。10%強は手数料がかかるようです。

ただし、2019年現在、手数料相当分は独自の仮想通貨XEXにて還元されるキャンペーンが行われています。

基本的な入力内容は日本の仮想通貨取引所と同様ですが、国や住所を有力する必要があります。

さらに、本人確認として電話番号や生年月日などの入力を求められます。

初回購入の場合は、本人確認の手続きも必要に

2回目以降は今紹介した手続きにて購入が可能になりますが、初回に限り、本人確認作業が求められます。

008.jpg

(引用:https://support.crossexchange.io/hc/ja/articles/360029416131-%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%81%AE%E8%B3%BC%E5%85%A5%E6%96%B9%E6%B3%95)

まず、購入の手続きを行うにあたっても、スマホかメールに送付される4桁のコードを入力する必要があります。

011.jpg

(引用:https://support.crossexchange.io/hc/ja/articles/360029416131-%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%81%AE%E8%B3%BC%E5%85%A5%E6%96%B9%E6%B3%95)

本人確認書類(パスポート、マイナンバーカード、免許証)をアップロードし、

____JP.png

(引用:https://support.crossexchange.io/hc/ja/articles/360029416131-%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%81%AE%E8%B3%BC%E5%85%A5%E6%96%B9%E6%B3%95)

本人確認情報を入力していきます。

016.jpg

(引用:https://support.crossexchange.io/hc/ja/articles/360029416131-%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%B8%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89%E3%81%AB%E3%82%88%E3%82%8B%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%81%AE%E8%B3%BC%E5%85%A5%E6%96%B9%E6%B3%95)

最後に、クレジットカードの「上4桁と下4桁」が見える状態でセルフィ―を撮影し、アップロードします。

一般的な日本でのクレジットカードの使用と比較する初回の手続きがかなり煩雑ですが、それだけセキュリティが高いということも意味しています。

クロスエクスチェンジからの出金

最後に、クロスエクスチェンジからの出金についてです。出金については、登録後「2段階認証」は行っていないとそもそも出金の申請そのものが行なえませんが、その他は特段気を付けなる点や特筆すべきポイントもありません。ただし、「実名認証」の有無で出金額の上限が左右されてきますので、注意しましょう。

クロスエクスチェンジからの出金方法

___.png

(引用:

https://support.crossexchange.io/hc/ja/articles/360016104572-%E5%87%BA%E9%87%91%E6%96%B9%E6%B3%95

トップページより、「アカウント」→「ウォレット残高」を選択すると、各通貨の残高が表示されます。

出金にボタンを押し、出勤する金額を入れると、以下のような画面が出てきます。

mceclip4.png

(引用:https://support.crossexchange.io/hc/ja/articles/360016104572-%E5%87%BA%E9%87%91%E6%96%B9%E6%B3%95

出金アドレスは、初回のウォレットあれば登録が必要です。クロスエクスチェンジで出金の申請が無事行われると、確認メールが届きます。

「実名認証」を行わないと出金額に制限がつく

実名認証を行わなくても、取引所の利用および、入出金の手続きは可能ですが、出勤可能額に大きな差がつきます。認証前のアカウントは、たとえばビットコインであれば0.15BTC。認証後であれば50BTCまでの出金が可能です。

実名認証不要な範囲で十分、という方も多いかもしれませんが、実名認証を行わないと、クロスエクスチェンジの最大の特徴でもある、高配当の取引所マイニングを行うことができなくなります。

実名認証はセルフィ―写真を用意したりと多少面倒な部分はありますが、多くの取引所において必須のプロセス。大切な資産を守る上でも必須の手続きですので、

まとめ

クロスエクスチェンジの入金、出金や、クレジットカードを通じた仮想通貨の購入方法について解説してきました。

クレジットカードの初回認証の手続きは日本の一般的な決済処理に比べると若干煩雑ですが、それだけ高いセキュリティを敷いていることの裏返しでもあります。

その他の操作に関しては他の取引所と比較して特別複雑であったり余計な手続きがかかったりということもありません。

登録後の2段階認証と、本名認証についてはそれぞれを行わないとそもそも取引が行えなかったり、取引量が制限を受けることになります。

セキュリティ面でも、クロスエクスチェンジの魅力を最大限使うという意味でも、それぞれの認証は登録した段階で行うようにしましょう。

クロスエクスチェンジの登録はこちらから

クロスエクスチェンジカテゴリの最新記事